ひざ下・ひざ上脱毛は何回で終わる?足脱毛の特徴

一番目立つのが足の無駄毛

二人の水着女性肌を露出する機会が多くなると、気になるのが足の無駄毛ですね。しかも、足の無駄毛は自己処理するにしても、結構時間と手間がかかる部位でもあります。

そこでおすすめなのが、足の脱毛です。特に毛深い人であれば、最初から足脱毛をしてしまえば、脱毛処理の時間もかなり減ることになります。

足脱毛をする時には、ひざ下だけではなく、ひざ上も一緒に脱毛してしまうと、脚はかなりつるつるできれいになります。足脱毛は、3回くらいサロンに通えば、毛は抜けていきます。

そして、足全体がきれいになり、その後にまた生えてくる毛は、かなり細くなってくるようです。足脱毛をした後と足脱毛をする前では、足の肌触りがジョリジョリした感じが、毛が生えてきてもふんわりしてくるみたいです。

脱毛は、ある程度期間がかかるものですが、脱毛効果を感じるまでには、かなり時間がかかるにようなイメージがありますが、1、2回の脱毛でも毛も減ってきて、脱毛効果は十分感じることができるようです。

足脱毛が何回で終わるのかは、どれくらいまで脱毛をすればきれいになったと感じるかどうかなどに個人差もありますが、6回~10回くらいで終わるようですね。

人気のミュゼプラチナムでもひざ下脱毛は人気です。ワキ脱毛を完了された方は、Vライン脱毛かひざ下脱毛を選ばれる傾向にあるようです。ただミュゼは店舗によって予約が取りづらい場合があるので、申込み前には必ず口コミを確認しておきましょう。
 

脱毛クリニック or 脱毛サロン

脱毛した女性足脱毛をするには、脱毛クリニックか脱毛サロンかどちらが適しているでしょうか?脱毛クリニックでは電気脱毛やレーザー脱毛が行われ、脱毛サロンでは光脱毛が一般的です。

電気脱毛は、施術する人の技術が全てですから施術するところの選択は慎重にしなければなりません。クリニックでは、もともとの医師、看護師の資格があり、電気脱毛の資格も別にありますので技術的な問題は余りないのでしょうが、デザインという部分では満足できないことがあるかもしれません。

一方、エステ等では、デザインが豊富なところがあるようですが、施術する技術に問題があるかもしれません。デザイン的に優れるエステで施術する時には、資格の有無を確認することが必要かと思われます。

いずれにしても、よっぼど足の無駄毛が濃い方以外は、料金の安い脱毛サロンで光脱毛をすれば十分かと思います。もし脱毛 横浜でするならおすすめはミュゼプラチナムです。
 

光脱毛による肌ダメージについて

脱毛サロンで光脱毛を受けることで、肌が乾燥しやすい熱を帯びた状態になることは仕方がないことです。ですから、施術後のセルフケアとして冷やしたり、保湿を心がける必要が出てきます。

肌の健康を保つために水分はとても大切です。お化粧のノリが変わるので顔の保湿をする人は沢山いるでしょうけれども、普段から全身保湿をしている人はあまりいないかもしれません。サロンで脱毛をした後には、脱毛した部分だけでも、保湿部位に加えるようにしてください。

それから、サロンで勧められる美容化粧品を必ず使わなければいけないということはありません。大抵は少し値の張るものですので、自分の買える範囲でドラッグストアなどで探した肌に合った物を使えば十分であると思われます。
 

脱毛後の肌の状態と毛穴

脱毛することは、毛穴から毛がなくなるようにすることなので、毛穴が目立つのではないかと思う人もいるようです、しかし、脱毛サロンや医療機関で脱毛施術を受けた人の肌は、毛穴はとてもきれいに締まってツルツルになっています。

無駄毛を自宅で自己処理した場合では、処理の方法によっては、毛穴が目立つ場合もあるようです。しかし、脱毛サロンや医療機関といったところで脱毛すると、毛穴は目立たなくなるのです。

自己処理で毛穴が目立つ場合とは、毛抜きなどによる自己処理を長年続けていた場合です。この自己処理を行なっていると、毛穴が広くなりブツブツになっていることがあるようです。さらに、毛穴が広がると毛穴の黒ずみもできやすくなります。

脱毛サロンや医療機関で行なってくれるレーザー脱毛や光脱毛、フラッシュ脱毛等は、脱毛後に、毛穴の中に毛が残っている時には、多少肌に違和感があるかもしれません。しかし、レーザーで処理された無駄毛で残った毛は、やがて抜けていき、毛穴も徐々に小さくなっていきます。

また、エステサロンなどでの脱毛は、脱毛後の肌ケア、保湿なども行なってくれるので、ツルツルでスベスベの肌になります。

脱毛は、自己処理するにしても、脱毛サロンや医療機関などのレーザー脱毛で毛乳頭ごと破壊するにしても、一時的に毛穴が開く状態になります。しかし、脱毛サロンや療機関での脱毛は、肌への負担が少ないので、毛穴が目立つ心配もないのです。