無駄毛の自己処理は毛膿炎のリスクあり!

毛膿炎というのは、毛根周辺が炎症を起こすなどの症状が表れる皮膚炎の一種です。以前は疔(ちょう)という風にも呼ばれていました。
 

毛膿炎という文字の通り、毛根周辺の少し深い部分で化膿してしまい、皮膚が硬く腫れたりします。
 

原因になる菌は黄色ブドウ球菌であることが多いらしく、症状が進行すると治った後でも色素沈着として変色して跡が残ってしまう場合があります。
 

この菌がどうして入り込むかというと、元々外敵から身を守る役目も果たしている体毛を、処理してなくしてしまうことで対抗できなくなったり、処理のときに皮膚に傷がついたことでそこから菌が入り込むなど様々です。
 

ピンセットで抜くにしろ、カミソリで剃るにしろ、環境や道具が不衛生ですと処理して開いた毛穴や、小さな傷から菌が入り込んでしまい、皮膚の奥の方で炎症、化膿が起きて毛膿炎を起こしてしまうことがあるということです。
 

カミソリでの深剃り、逆剃りは特に危険です。カミソリ自体も良く洗って雑菌が繁殖しないようにしたほうが良いでしょう。
 

もし毛膿炎になってしまった場合には、抗生物質を服薬するなどして体の内側から殺菌していくほか、酷いときには切開手術が必要になったりもします。
 

レーザー脱毛で毛根から脱毛すると毛膿炎は起きにくいと言われています。もしそれ以外で、自己処理をする場合には、除毛クリームが比較的安全性が高いそうです。
 

除毛クリーム自体も皮膚には多少負担をかけるものですから、敏感肌用など低刺激のものを使うのが良いかもしれませんね。